転職で平均年収も2倍にアップ!

同世代に年収を聞くと自分のほうが年収が少ないという人が多いですよね。ネットの平均年収調査を見ても、だいたい30歳で400万という数字を見ますが、これはあくまで統計上の数値で、正社員やアルバイト、パートなど給料が低くなりがちな女性社員の給料も含まれています。実際もっともらってる会社は多いです。正社員、40歳であれば500万ー700万、ハイクラスの求人になると800万から1000万の年収をもらってる人が多いと思います。


特に営業やエンジニア、医療系、外資系、金融系の職業は平均年収が高い

職業にもよりますが、特に営業やエンジニア、医療系、外資系、金融系の職業は給料が高いです。もちろん、お金だけじゃなく、社宅の有無や住宅手当、残業ありなしなどもあります。もし、自分の適正年収がわからない場合、一度DODAなどの平均年収サイトで診断してみるのもありだと思います。もしくは、自分はこんなにスキルがあるのに、なんで年収が低いんだという人も年収アップの診断をすることができます。

ちなみに、一番年収が高いのは銀行系の職業ですね。次に、経営企画や、ITコンサルタント、セールス・エンジニア、プロジェクトマネージャーなど技術系の求人が高年収になっています。ソーシャルゲーム案件も増えていますし、プログラマーやエンジニアも他にも震災復興関連で建設やリノベーションなども増えています。自分の平均年収が低いんじゃないか?と感じたら一度、適正な年収を診断してみると良いと思います。

転職エージェント。東京の場合
千葉の転職エージェント3社
<30代は最後の転職

平均年収は?アパレルの職場での慣例

以前アパレルで働いていたのですが、そこでの決まりがとても困ったものでした。
といってもアパレル業界では当然なのですが…【社員はそのお店にある服をきて接客しなければならない】というもの。

ちなみに、売れてしまってもう店頭にない服は着てはいけません。
お客さんに『お姉さんが着てるものがほしい!』といわれたら困るからです。
うちのお店は持っている色が売れてしまっても、色違いのものが店頭に残っているならOKでしたが、厳しい店舗ではそれもNGでした。
ですのでできればずっとお店に残るものを着たいところですが、接客で売り上げを伸ばすためには売れ筋のものや、オススメしたいものを着ることで、『こんな風に着るんですよ』というイメージを見せるのが重要。
よって、着るものは売れ筋のものとなり、すぐになくなっていき、また違うものを買い……というループになります。

これの何が嫌かって、自腹ってところです!
一応社員割引で定価の半額にはなりますが、それでもアパレル店員の少ない給料から毎月何枚も服を買っていたら、お給料はほとんど残りません…
そのブランドの服が好きだから続けていましたが、そうでもないとやっていられません。
私は結婚をしてたから旦那の給料もあってやっていけましたが、一人暮らしの先輩バイトの方は生活きつそうでしたね…

仕方がない制度とはいえ、強制というのがやはり嫌だったなぁと思います。
"